リンク集

2013年12月19日

頭の回転はどれくらい?

曇り今朝は冷え込みましたねバッド(下向き矢印)

昨夜は一人だったので、レコードを引っ張り出してJAZZを満喫してました。
  s-004.jpg
カメラ BLUE NOTE  [SONNY`S CRIB] 

回転と言えばLPレコードの回転数は33 1/3rpm(1分間)・・・3分100回転。
シングルレコード45rpm・・・
 
                                
250px-Open_reel_audio_tape.jpg

オープンリールテープ(6mm幅)
回転数19cm/s or 38cm/s

1秒間に19cm または38cm進むということ。




回転数が早ければ早いほど、音質的には有利になるんですが・・・
昔のSPレコードは78回転でしたが、この時代ではこれより遅い回転では作れる技術
が無かった訳で、録音技術が未熟で音質には関係ないです。

いずれにしても、もう、デジタル時代には関係ない話だし、見ることもなくなりますね。

どうも最近、頭の回転が遅くなってきたような気がするけど大丈夫かな?

《Garage Cafe》
今日のお客はZep emi & emi ママさんでした・・・・


posted by LYNX☆ at 10:34| 宮城 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

久し振りの・・・

台風台風18号の被害が近畿地方に出ているようです。 仙台近辺は午前10時頃から風が強くなってきています。

昨日、久し振りに友人のbanbanさんが、我が家に立ち寄りました。
  s-008.jpg
カメラ  昼食を一緒にした後、Garageに戻り、オーディオの話題で盛り上がりました。

banbanさんから、昔から使用していたパイオニアスピーカーを又使いたいと言う
話が出て、クラシックのレコードを持っていてレコードプレーヤーも有るが、アンプ
んなものにしたら良いか考えていると言う事でした。

私もオーディオは大好きで、今日までだいぶ器材に投資してきたのですが・・・・(-_-;)
最近は全く情報に疎くて、どんなアンプが良いのか皆目見当が付きません。
  s-001.jpg
  e0149167_17203762-thumbnail2.jpg
カメラ  そこで、私のスピーカーで色々聴き比べながら一般的な話に終始しました。

banbanさんはクラシック音楽が好きと言う事でした・・・・

一般的で独断的なオーディオ(ステレオ)装置の選び方?

@一番大事な事は、聞く場所です・・和室なのか洋室なのか、その広さとか・・・
Aその部屋に合った装置(この場合スピーカーの大きさ)を決める。
B主にどんなジャンルの音楽を好んで聴くのかも選ぶ時の参考にします。
Cそれが決まったら、そのジャンルの音楽を再生するのに相性の良いアンプを選ぶ。
Dアンプ出力(ワット)が大きければ良いとは限らないし、聴く場所にもよります。
E例えば100wアンプでも一般住宅の部屋では実際、5~6wも出せば充分。
F但し出力が大きいと、音的に余裕は出て来ますので30~50wも有れば良いかと。
G再生する素材(ソフト)によって再生機を選びます・・CD・レコードなど・・・
Hレコードプレーヤーも最近は新製品も出ているようなので大丈夫です。
ICDプレーヤーはピンキリで数多く出回っているので選ぶのも大変です(笑)

大まかにまとめてみると、トータルバランスが取れている事が肝心なのです。
プレーヤー・アンプ・スピーカーのどれか一つだけ突出しているのは勧めません。
トータルの価格もピンキリで高級品になるときりがありませんがく〜(落胆した顔)
そこそこの予算まとめる所に面白さが有るのです・・と言っても・・・・・
だんだんとエスカレートするのが常で、それとの戦いが始まるんです(笑)
どこかで割り切る必要がある訳で、自分にとって最高の音が再生できるシステムexclamation
を決めるまでが試行錯誤の繰り返しで、授業料も予想外にかかるのです。

と言う訳で、私も数十年かかってようやく今のシステムに落ち着きました・・・・
まあ自己満足と言えばそれまでの事ですが、他の人から「良い音」と言われる
と嬉しくてしょうがありません・・・
  e0149167_22443183.jpg
カメラ  結局、最終的に選んだのは真空管アンプでした・・・・

皆さんはどんな感じでステレオ再生を楽しまれているのでしょうか?
現代風にiPOT+イヤホーン(ヘッドホーン)で聴いているのでしょうか?

《Garage Cafe》
今日のお客は風写さんでした・・・・





posted by LYNX☆ at 12:56| 宮城 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

はりの有る話・・・

晴れ穏やかな朝を迎えています・・・

寒いとどうしても出かけるのが億劫でブログネタも籠りがち・・・
まさにお宅(オタク)ネタが増えます。
意気消沈気味の時は、はりのある話でもしますか・・・
  s-001.jpg
カメラ はりと言っても針(レコード針)の話・・・

私らの年代は、CDよりもLPレコードで音楽を聴いていた時間が長いのですが、
CD世代の人達には、レコードも見たことない人もいるのかもしれませんね・・・・

ポリ塩化ビニールなどで出来た盤に刻まれた溝に沿って、レコード針をトレースし、
その振動を電気信号に変えて音を再現するのがレコードプレーヤー。
そのレコード針が付いている物をカートリッヂと呼称しているのです・・・・

このカートリッヂも多種多様、数え切れない種類が出回っていました。
私らオーディオマニアにとっては大袈裟に言えば“宝石”みたいな存在でした!
このカートリッジを替える事によって、再生される音の違いを楽しんでいたのです。
  s-002.jpg
  s-008.jpg
カメラ 私の場合は少ない方ですが、それでも現在7種類ほど手元に有ります・・・・
    左からSHURE V15・ELAC STS144・Ortofon・AudioTechnica・DENON。
    その他SHURE M44-5などです・・・・
  s-004.jpg
  s-005.jpg
カメラ  [Ortofon] SPU MC型 クラシック音楽に向いていますね ¥200000位。
  s-007.jpg
  s-006.jpg
カメラ  SHURE V-15V MM型 M44-5同様JAZZを聞く時に愛用しています。
  一関のJAZZ喫茶ベイシーで愛用しているカートリッヂです。 
  針先の大きさは大体0.7mil[0.017mm] 寿命は針圧2gで500~1000時間。
  針圧とは、レコード盤に針を乗せる重さと言えば解りやすいですね・・・
    カートリッジによって様々ですが0.5g~4g位でしょうかね・・・・
    MC型は出力電圧が微弱なので昇圧トランスやアンプを使い、針交換はメーカーで。
    MM型は出力電圧が大きめなのでそのまま使用し、針先だけ交換可能です。  
  s-009.jpg
カメラ 現役時代、放送局でメインとして使用していたDENON DL103  MC型

これ以上詳しく書いてもチンプンカンプンで解らなくなると思うので省略しますが、
レコード針と言っても、国産で有名なナガオカ針から始まってピンキリですが、最近
ショップでもチラホラ見かけるようになりましたね・・・アナログレコードも人気が出て
来ているのでしょうか?

価格も数千円から数十万円と大幅ですが、その音質を聞き分けるのも一興かと・・・
機会が有りましたら是非お試しを・・・生活に張りが出るってもんで・・・(笑)

《Garage Cafe》
昨日のお客はびーえむあいさんでした・・・
今日のお客はユーミンさんでした。


posted by LYNX☆ at 09:43| 宮城 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

ミックスダウンの思い出

晴れ今日は朝から真夏日、今は30℃を超える暑さですふらふら


突然ですが、キャンディーズの「微笑みがえし」の想い出を・・・・
録音や放送の仕事を長年やってきている中で、印象に残る仕事って少ないのですが
このキャンデーズのこの曲をミキサー研修会中に手掛けたのは忘れられません。

あの頃、キャンディーズが世に出て間もない頃の事ですが、「微笑みがえし」を題材に
この曲のマスターテープから、2chにミックスダウンをする事になったのです・・・

マスターテープには多チャンネル(36~48ch)の中に、ボーカル&演奏楽器が収録され
ているのですが、要するにこの各々のチャンネルの音をバランスを取りながら、2chの
いわゆる“ステレオ”CDに仕上げていくの作業なのです・・・

我々にはこの曲のスコアも渡されている訳でもなく、耳を頼りに「それらしく」仕上げなければ
なりません・・・

仕方がないから、既存のCDを何度も聞き返しこの曲のイメージを頭にたたき込みます(-_-;)

ここで最も悩ましいのは、この曲ってどんな思いで作られているのだろうって事です・・・
作曲家がいてアドバイスを受ける事も出来ない訳で、あくまでもイメージを膨らませる訳です
勿論レコード会社のレコーディングの時は、言うまでもなく作曲家やアレンジャーやディレクター等が立ち会って収録するのですが、今のここでの作業は有る音源を細工するだけな
です。

ですから、早い話が、研修を受ける人数だけの違った曲が出来上がるという事です。

これは本当に難しい作業なのですが、ミクシングの基礎を丁寧に一つ一つ繰り返していく事
で、なんとか曲らしくなっていくのですが、「本物」ではないんですね・・・あくまでも「らしい」・・・

そこで有る程度まとまった時に、講師の先生(レコード会社の先輩&ディレクター)から講評
聞かされるのです・・・・最初は最悪です、こき下ろされます・・・

それを何度か繰り返していくと、なんとか「微笑みがえし」が出来上がっていくのです。
何十回も繰り返し繰り返し、プレビューしていく訳ですから、この曲をそらんじられるほど・・・
忘れられなくなってしまうのです・・・ですから今でも当時の“音”の記憶が残っています。

もっと大変なのは、ラジオの生の公開放送(ライブ)では、一発勝負になるので、緊張とプレ
シャーにさいなまれます。
でもそこは色々経験の中で鍛えられていますから、何とか無事それらしく放送できます。

当然リハーサルの時は、出演者のマネージャーなどからダメ出しが有ったり、OKが出たり
するのですが・・・

今思うに、せめて楽曲のスコアなどが手元に有ったら、どんなに楽だったかと思いますし・・
無いのが不思議でした・・・・


《Garage Cafe》
今日のお客はSR510君とzepさんでした・・・・


posted by LYNX☆ at 12:13| 宮城 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

若者にレコード人気

音楽昨日の夕方、TBC TV News の特集で「静かなブーム若者にレコード文化」を放送して
   いました・・・

懐かしい、同年の“安田立和”元アナウンサーも登場していました、彼とは仕事で長い付き合
いが有り、人気深夜番組「AM O」の一回目から一緒に仕事もしてました。
彼は当時から、ポップス音楽では有名なレコード蒐集家とでも言えるほどのレコードを持っ
ていました・・・それだけにその分野の番組では誰にも負けない知識と、豊富な話題と軽妙
な語り口で番組を放送していました・・・勿論、大切にしている自分のレコードを持ちこんで
いた事も有りました。

昨日のニュースに登場していた人がレコードについて「柔らかな音」「暖かい音」と表現して
いました・・・これについては前にもブログで取り上げていた事ですが、彼らもCDとの違いが
解っているんだと、レコード好きの私にとっては嬉しくなりました。

そしてもう一つのレコードの魅力は「レコードジャケット」の素晴らしさですね・・・・・
もうそれは立派なアートで、そのジャケットの魅力でレコードを選ぶと言う事も有りました。
私も何枚か気に行ったレコードジャケットは額に入れて部屋に飾ってあります。

       s-005.jpg
カメラ  こんな風に・・・・・・
    s-002.jpg
カメラ 今はだいぶ整理したレコードもかつてはJAZZだけで5~600枚くらいあったでしょうか
    s-004.jpg
カメラ こうしてレコードをプレーヤーに置いて針(カートリッヂ)を下す瞬間がたまりません(笑)
    *カートリッヂの記事はこちらを・・・・

蛇足ですが、昨日のニュースでレコードに針を下す場面で、レコードの曲の途中に針を下ろ
していましたが、あれはあり得ない事なので、ちょっと神経を使って欲しかったですね(笑)

posted by LYNX☆ at 08:45| 宮城 ☀| Comment(45) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

お取り寄せ!JBL LE8T

カメラ若い頃、仙台の稲荷小路にJAZZ 喫茶「ad[あど]」と言う店が有り毎日入り浸っていました。
友人のKazu君も知っている店です・・・・・
そこで使用していたスピーカーが、JBLの名器“LE8T”でした!
あの時の音が忘れられなくて探していたのですが、ついに良い状態のものが見つかりました!

《以下が、オークション出品者のコメントでした》

『サンスイSP-LE8Tの 完全レストア品です。よく、エッジ張替え済みのLE8T等を見かけますが、ここまで徹底的にレストアされたSP-LE8Tは、無いのではないでしょうか?i
エッジはシリコンラミネートクロスエッジ(面100%)に張り替えています。ウレタンエッジは早くて5年、遅くても10年位の寿命です。
5年や10年はあっという間です。その間にも徐々に劣化してゆきます。5年前貴方は何をしていましたか?10年前は? 
クロスエッジは末永くご愛用して頂けます。センター調整済み。音響出力はテスト済みです。
定位の良さ、ボーカルは特筆ものです。よくツィーターをつけて2wayにしていらっしゃる方も居られますが、これ1本で充分です。余分なものは入りません。    
本当に名機!です。今までLE8Tのフルレストア品を何組か出品してきましたがこれが最後かも・・・(この作業はは結構神経も技術も使います)』

正直言って、LEICAのカメラ1台がこれに変わった訳ですが(汗)

     s-002.jpg 
カメラ   なんとかギリギリセット出来ました・・・・
     s-004.jpg   
カメラ   さて、再生音ですがタンノイのスターリングに似てますが、音の締まりが良いです!
      矢張りボーカルを再生すると、リアルに再生されますね・・なかなか良いです・・・・・・
        当時のJAZZ喫茶を思い出しながら、暫くはこの音を楽しむ事にします。
        追記:オリジナルLE8T SP はこちらです。
        s-001.jpg        
カメラ     こんな雑誌も有るんです・・・
        s-002.jpg
カメラ   それによりますと、オリジナルがデビューしたのは1962年、
        SANSUIは1973年に発売しています・・・いずれにしても古いスピーカーですが名器!
   
        我が家のオーディオルームがまさに“JAZZ喫茶店”になったような感じです!




posted by LYNX☆ at 17:40| 宮城 ☁| Comment(19) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

宝石箱?

カメラクリックすると拡大します。
 s-005.jpg  s-004.jpg  s-003.jpg
カメラ 宝石箱             シュアー:M44-5             オルトフォーン:SPU

デジタル時代の方には解らないと思いますが・・・レコードには無くてはならないものです。
そうです、レコード針(カートリッヂと言います)、私にとっては宝石と同じ価値が有ります!
原罪7種類を持ち合わせていて、それぞれの音を楽しんでいるのです・・・・・
それぞれ、シュアー[V15-U]:エラック[STS144]:オルトフォーン[SPU]:DENONM103
            シュアー[M44-5]:オーディオテクニカ[AT15Ea]:[AT10G]です。
一つ一つがそれぞれ音質音色に個性が有り、曲に会わせてとっかえひっかえ変えて・・・・
音楽を楽しみます・・・現在JAZZを聴く時はシュアーのM44-5を愛用し、クラシックレコード
の時は、オルトフォーンのSPGという具合です・・・・解る人にしか解らない話で恐縮(笑)
まあ、私にとっては、やはり宝石以上ものです・・・・


  
posted by LYNX☆ at 20:12| 宮城 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

CD PLayer

昨日書店に行って雑誌を眺めていたら、久々にオーディオ雑誌に目が行き立ち読みして
いたら、「オーディオ名機賞2010発表」という特集記事が載っていたので、購入しました。
CDプレーヤー・アンプ・スピーカー等夫々優秀機を選び、毎年発表しているのです。
ここ数年この手の記事には御無沙汰だったし現在どんなものが市場に出ているのかさえ
疎くなっていたのでした・・・・・
その中で一つだけ興味が有ったのが、LUXMANのCDプレーヤーD-38uでした・・・
何故興味が有ったかと言いますと、このプレーヤー、スイッチ一つで半導体出力と真空管
出力が切り替わり、一つで二度美味しいものだと言う事だったからです。
早速近くのオーディオショップ“のだや”に行って試聴して来ました。
スピーカーは家と同じのTANNOYのスターリング、アンプはLAXMANの真空管SQ-38u
で、今家で使っているCDプレーヤーはDENONのSA11ですが、まずこれと比べると・・・
柔らかい音で、芳醇な雰囲気の物でした、更に出力を真空管と半導体と切り替えたのです
が、正直これが微妙で気持ち変わるかな?という程度ものでした[あくまでも私的に]
作りは16mmの木枠に収まり、8mm厚のアルミパネルのフロントと高級感ある仕上がり
で、好感が持てました・・・が結果、今使っているCDプレーヤーの方が音が良いという事
で、変えるまでには至らなかったのでした・・・・・・

  s-20091214.jpg  01.jpg  s-001.jpg
カメラ 「オーディオアクセサリー」   D-38u[231000円]          TEL:022-266-7761

posted by LYNX☆ at 19:18| 宮城 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする