リンク集

2017年01月29日

久し振りのプチツーリング

比較的暖かな陽気になったので、VTRをGarageから引っ張り出してみました。
風もなく穏やかだったので、松島方面に走ることにしました💨💨
  s-P1290040.jpg
📷 寒さ対策はばっちりです(笑)グリップヒーター&ハンドルカバー!
国道45号線松島海岸手前のヨットハーバー隣にある「稲庭うどん」の店へ💨💨
  s-P1290024.jpg
  s-P1290031.jpg
📷 本格的な稲庭うどんの店です!
  s-P1290025.jpg
  s-P1290030.jpg
  s-P1290028.jpg
  s-P1290029.jpg
📷 この店も3.11の時は1m40cm位の波にのまれたようです(-_-;)
  s-P1290032.jpg
  s-P1290033.jpg
  s-P1290034.jpg
📷 つるつるした食感で綺麗な仕上げで、美味しかったです。
http://www.takisawaya.com/

食後松島海岸方面へ走り、カフェ「ロマン」へ💨💨
  s-P1290039.jpg
  s-P1290036.jpg
  s-P1290035.jpg
  s-P1290037.jpg
  s-P1290038.jpg
📷 さすが日曜日は満席で15分待ちでした・・コーヒーだけ飲んで退散(笑)


  

posted by LYNX☆ at 16:45| 宮城 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

人生は即興演奏のようなもの?

雨朝から冷たい雨が降っています・・・こんな時もJAZZを聴くのが良い。
  s-005.jpg
カメラ スタンダードであまりにも有名な「枯葉」が収録されているアルバム。

私が20歳代の頃、仙台の飲み屋街「稲荷小路」にad(アド)と言う名のJAZZ喫茶が
ありました・・・ad libitum(ad lib)=「お好きなように」と言うラテン語から取った
名前。
ほとんど連日入り浸っては、珈琲を何杯もお代りして長時間JAZZを貪り聞いていました。

JAZZ演奏ではテーマとテーマの間で、必ずという位アドリブ演奏が聞かれます・・・・
アドリブはアレンジの一種だと思うのですが、ライブ(生演奏)と違ってレコードのように
録音されたものを聞く限り、聞く側にとってはそれはもはやアドリブとは言えないのですが
ね(笑)
ライブハウスなどでJAZZの生演奏を聴いていていつも興奮するのは、ミュージシャンそれ
ぞれがソロを取る時、ここぞとばかりアドリブ演奏をする瞬間です。

しかしそれは即興とは違う事に気がつきます・・・・・
プロのミュージシャンでも、即興演奏できる人は少ないと思います、大半は予め作って置い
たアドリブを演奏していると思います。
いかにその蓄えが多いかと言う事が経験の違いが出てくる所なんでしょうね・・・・

それに曲のコード進行の約束事で、ソロを他の人に渡しそれを受け取るスリル感も面白い。
これこそ生演奏の醍醐味で、録音されたものには無いものですね・・

アドリブも即興も、記録されたものを繰り返し聴いているとそのものが楽曲そのものになる
訳ですが、名演奏のアルバムは何度聞いてもどんなに時間が経っても「名盤」には違いあり
ません。

即興で有名なのは、マイルスデービスが映画「死刑台のエレベーター」の試写を見て、
その場で、あの有名な主題曲を作った話は伝説化されています。
まさに、インプロヴゼーションの世界ですexclamation

ちなみに、クラシックでは即興のことを「カデンツァ」と言って、バロック音楽などで聞かれます。
バロック音楽とJAZZには共通点が多いような気がします・・・
バッハの曲をJAZZ風に編曲しているレコードを聴くと、違和感が無いのもそのせいかも?

即座にアドリブしているように見えても、実は頭の中にたくさんのフレーズを蓄積していて、コード進行を
見た瞬間に即座に蓄積したフレーズを引っ張り出して演奏するようです。
蓄積したフレーズの事を「リック」と言います。
好きなミュージシャンのフレーズを何度も何度も練習して(「手癖」が付くまで)、1つのキーだけでなく、どの
キーであってもすぐに応用できる訓練をしているんですね。
実際に演奏している最中に偶然、今まで弾いた事のないフレーズを思いついて弾く事があるそうです。
だから、演奏を録音しておかないと、もう一度そのフレーズを弾こうとしても二度と弾けないそうです。
そういう意味では「アドリブ」に、即興的な要素ももちろんあります。

こんな記事を読んだ事も有ります・・・

だからJAZZはおもしろいexclamation×2のだ・・・・・・(笑)
posted by LYNX☆ at 10:12| 宮城 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

ほんわかLIVE ♪

曇り今日から師走ですねダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

昨日の夕方、素敵な友人Chiharu(千春)さんのライブに行って来ましたexclamation
会場は、蔵王七日原Cafe fuaでした・・・・
  s-022.jpg
カメラ 午後3時からのライブでした・・この時間になるとさすが高原、風も冷たく感じます。
  s-039.jpg
  s-040.jpg
カメラ 店内には薪ストーブが有りとても暖かく、雰囲気も和やかで温かかったですよわーい(嬉しい顔)
  s-033.jpg
  s-032.jpg
カメラ 声が奇麗だし、曲も優しい感じでほんわかと時間もゆったり過ぎていく感じです。
   聴いている私たちの心も、なんとなく柔らかくなるようで心地良いライブでした。
  s-048.jpg
カメラ 仲間内での記念撮影・・・・みなさん良い顔をしてます。
  s-050.jpg
カメラ ライブが終わった時にはすっかり夜の帳が下りていました・・・

昨夜は、家の誰かさんも友達と飲み会(食事会)だったので、ゆりが丘のROSSO
  s-056.jpg
  s-057.jpg
カメラ 現在は夜の営業だけなんですね・・・お宝一杯のGarage良い感じですexclamation
  s-055.jpg
カメラ さてと・・頂きますかわーい(嬉しい顔)      今日のChiharuさん・・・良かったなぁ〜 



posted by LYNX☆ at 08:26| 宮城 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

Chiffons at The fua

晴れ今日から9月、防災の日でもあるようです・・・

8月最後の昨夕、涼しい風が吹く高原のCafefuaで素敵なライブがありました。
  s-016.jpg 
カメラ  Chiffonsというグループで、まさにケーキのようにfuafuaな柔らかいサウンド
       で懐かしいフォークソングを聴かせてくれました・・・・・
  s-024.jpg
カメラ     Hirasawa  &  Onogaki
  s-042.jpg
  s-014.jpg
  s-047.jpg
  s-049.jpg
  s-027.jpg
  s-030.jpg
カメラ  風に吹かれて♪ 亜麻色の髪の乙女♪ この広い野原いっぱい♪ 卒業写真♪
   グッバイマイラブ♪ ラブラブラブ♪ 愛燦燦♪ The Rose♪ 「アリス」メドレー♪
 少年時代♪ 
  s-051.jpg
カメラ  Onogakiさん手作りのシフォンケーキを頂きながら・・・
  s-053.jpg
カメラ ライブが終わる頃には夜の帳が下りていました・・・・・・・・

Chiffonsのお二人とCafefuaKaku & ぺこさんに感謝ですわーい(嬉しい顔) ありがとう

《Garage Cafe》
今日のお客は、Tomoe & Sinnさん夫妻と菅原さんでした・・・

posted by LYNX☆ at 08:07| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

いいちこの方がいいちこ!



るんるん この曲を“家の誰かさん“にプレゼントしよう・・・・・でも、「いいちこ」が良いってか?

ビリーバンバンのご両親、父親が宮城県栗原若柳、母親が仙台の原町出身だったと
昨日のコンサートで初めて知り、とっても身近に感じました、お兄さんの方は私と同年輩
だし・・・・

おまけ
山形出身で山形在住の世界的デザイナー“奥山清行”さんの本をamazonでゲット!
奥山清行
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E5%B1%B1%E6%B8%85%E8%A1%8C
s-008.jpg
イタリアの名門デザイナー工房「ピニンファリーナ」のデザイン
ディレクター「ケン・オクヤマ」として、フェラーリのデザインを手
がけ、世界的に有名になった著者は、現在故郷山形に住み、
地元の“家具”や“鉄器”職人達とのコラボレーションで、優れた
作品を生み出しています。
その、生き方考え方に魅かれて、この本を読みたくなったので
した・・・・・・
何故、フェラーリのデザイナーが“鉄瓶“や“木製の椅子”を・・
作っているのだろうかと・・・・・・

    800px-England_mai_2007_045.jpg
カメラ  著者がデザインした、フェラーリーの「エンツォ・フェラーリ」  創業55周年モデル


おまけのおまけ

 お昼は大好物の自家製味付け味噌焼きおにぎりとワンタンスープでした・・美味!
    s-013.jpg


《Garage Cafe》
今日のお客は風写さん・Yumikoさんそして、お友達のMikiさんとMaeda
君・・・・・それからチラッとでしたがNshiさんでした。




posted by LYNX☆ at 08:52| 宮城 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

絶対零度 主題歌

最近、毎回欠かさず見ているドラマに「絶対零度」があります。
未解決事件を解決する刑事ものですが・・ドラマもさることながら前後に流れる主題歌が
とても気に入ってます!
演奏は、LOVE PSYCHEDELICO (ラブサイケデリコ)です。
早速取り寄せて聞いていますが、LOVE LOVE LOVE です!

    サイケ.jpg
フジTV  http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2010/100303zettaireido.html
posted by LYNX☆ at 09:23| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

癒し


  s-20100307.jpg
カメラ JAZZ CD

3~400枚ほど持っていた、JAZZ RECORD を整理しつつ、CDに切り換えて来たものが
すでに同じくらいになってしまいました・・・
写真の棚だけでも100枚程、BLUE NOTE が50枚そこそこ・・・
その他クラシックやJ POP 等もありますが、なんといってもJAZZが多いでしょうか。
特にコレクターと言う訳でもないのですが、聴きたいものが知らず知らずのうちに集まった
と言う事なのでした・・・・
前にも書いたと思いますが、JAZZってHappyな時にはあまり聴きません。
疲れている時や落ち込んでいる時に良く聴きます・・・・
と言う事は・・・かなりその時間が多かったと言う事でしょうか(汗)
ホントに癒されるんですよ・・・・・・・(笑)




posted by LYNX☆ at 08:47| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

クラシックコンサート


5b9064a2ae3c20a3001c9135d7bb06c7.jpg
"BELLA PROGRESSO"
イタリア語で「美しい進歩」の意。
“今の自分に満足することなく、さらなる高みを目指して常に歩み
続けていきたい”という思いから企画しました。
桐山建志氏を始めとする素敵な仲間と、素晴らしい曲を残してくれ
た作曲家に感謝し、この一度きりのステージを皆様と共に楽しめた
ら幸いです。 
              BELLA PROGRESSO 主宰 篠原香乃子



篠原香乃子さんこそ“風写”さんの従妹で、ブログ「Kanon_*ヴァイオリンを弾いたり〜」
http://blog.goo.ne.jp/kanon-vn/を書かれている方です。
昨日、宇都宮の「栃木県総合文化センター:サブホール」で行われたコンサートに風写さん
と行って来ました・・・・
    s-146.jpg
カメラ  宇都宮市 栃木県総合文化センター
    s-150.jpg
カメラ  サブホールの演奏会場 
    KANOKO.jpg
カメラ KANOKOさんのブログより転載、        ↑KANOKOさん

メンバー10人に、ゲストの桐山氏を加えた皆さんの演奏会。
曲目は「ヘンデル:合奏協奏曲 作品6第4番」 「バッハ:ヴァイオリン協奏曲第一番」
「メンデルスゾーン:弦楽のための交響曲 第3番」「同:弦楽のための交響曲 第7番」

言うまでも無く演奏は素晴らしいもので、久し振りにクラシック音楽を堪能できました・・・
香乃子さんのステージも初めてでしたし、お会いするのも初めてでしたが、ブログから
想像してた通りの可愛らしい方で、しかも音楽的才能も素晴らしい方です。
Kanokoさん、素晴らしいひと時をありがとうございました・・・・・

  

posted by LYNX☆ at 09:19| 宮城 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

邂逅 

 小椋.jpg
昨夜、NHK BS で、「小椋 佳 コンサート」番組を見ました。
66歳、私と同じ年齢に驚きました・・・・
今日まで作った曲が2000曲を超えるとか!
「今日は珍しく立って歌いますが、ほとんどはこうして座って歌っ
ています、それは歌詞を覚えるのが苦手でして、譜面と歌詞を
見ながら歌うからです、それに立って歌うと手の動きなどどうして
良いか解らない・・・」というような事を言ってました(笑)

順風満帆に見える小椋さんも、ご自身の胃癌との闘病や、長男
の脳梗塞など大変なのですが、それも又自然に受け入れていく
のも良しとされている生き方に、感銘を受けました。

   「 邂逅 」         作詞 小椋 佳  作曲 小椋 佳  伊東 恵理

         さよならだけが 人生さ
         そんな言葉が 真実の
         色をこくして 腑に落ちる
         気持ちが少し 暗くなる 
   
                  けれど言葉の 裏表
                  さよならの数 多いだけ
                  出逢いの数も あったはず
                  恵みの幸も 受けた筈

         誰が操る 人生か 
         何が定める 運命か
         思いがけない 巡り会い
         出会い一つで変わる 軌道道筋
         何よりも 幸運な 巡り会い ああ それは君


                  いつか別れの 時がくる
                  この上もない 悲しみは
                  時の癒しに 預けよう
                  それよりはるか君と 二人重ねた
                  悦びを 嬉しさを 幸せを ああ 思い起こそう  

         今こうして 夢創り
         祭り創りに 悔いのない
         汗かく二人 浮かぶ笑み
         出逢い一つで変わる 軌道道筋
         何よりも 幸運な 巡り会い ああ それは君

                       
                        
              

posted by LYNX☆ at 09:26| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

SANTANA

s-001.jpg正月気分も冷めやらね昨夜、無性にHardな音楽を聴きたく
なって、今は懐かしいサンタナの"Best of SANTANA"を、
思いっきり音量を上げて、聴いてしまいました!
"JINGO""BLACK MAGICWOMAN" "OYE COMOVA"
"SAMBA PA TI""EUROPIA"〜etc
16曲収録されたこのアルバムは、古臭くて新しいサウンドを
思いっきり聴かせてくれるものでした・・・・
腹に響く強烈な低音と、エレキの突き刺さるような高音・・・・
まったりしたヴォーカルそしてラテンリズムが、何とも言えない
郷愁さえ感じさせてくれます! 

 [SANTANA]
  カルロス・サンタナを中心とするこのグループは、1969年ウッドストックフェスティバルに
 参加して以来、1970年のアルバム「天の守護神」がビルボード誌で1位になってから、
 一躍有名になり、その後「ブラック マジック ウーマン」など次々とヒット曲を発表してい
 ます。
 1971年に初来日以来たびたび日本で演奏活動を続けています。
 2000年には、グラミー賞を受賞。

 s-20100106.jpg s-20100105.jpg s-20100108.jpg
カメラ KT88                             DCD-SA11                       STIRLING
 
posted by LYNX☆ at 10:04| 宮城 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする