2016年12月28日

日本語の美しさ

師走が押し迫っている今日この頃、何をしなくてもせわしない気分が します。

   そんな時ふと立ち止まって心を和ませる美しい日本語を見つけました。

馥郁たる香り
匂い立つ繊細で美しい香り”と言う意味の言葉ですが、とても文学的な表現です。
さしずめ私は「馥郁たる珈琲の香りに惹かれる」のが好きなんです・・・
  10848909_860909280634209_1929138630136214092_o.jpg
📷 適温のお湯を丁寧にドリップに注ぎ、その香りを楽しみます・・・
  s-014-9a346.jpg
📷 そしてゆっくり珈琲を味わいます・・・

ただそれだけのことに美しい日本語は心を豊かにしてくれます!

大忙しの師走にそんな悠長な事してる暇がないと言われるかもしれません・・・
「忙」とは心を亡くすこと、ちょっと一息入れるだけで「心」は取り戻せます(笑)

なんだかんだ言いながらも、年の終わりが近づいて来ました。
新年を迎えるにあたり、一杯のコーヒーやお茶を飲みながら名残を惜しむのも一興かと。
  10687269_860909353967535_8512518137903548844_o.jpg

posted by LYNX☆ at 10:51| 宮城 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
☆さんへ
うまそうなコーヒーですね。
以前は、喫茶店でしか飲まなかったのですが、相方がCGCのドリップコーヒーを淹れるようになってから、昼食のあと、よく飲みます。
おいしいクッキーがあれば、なお、goodです。
現役の頃に取材先で購入したコーヒーカップが、役に立っています。
ところで、最後の写真はコーヒーに映ったナンテンの葉かな?
Posted by kazu at 2016年12月31日 18:21
☆Kazuさんへ
珈琲を本格的に好きになったのは退職してからですね〜
以前はタバコを吸うために喫茶店に入っていました(-_-;)
この葉は「パキラ」観葉植物です!
Posted by LYNX☆ at 2017年01月02日 06:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]