2016年12月03日

ビンテージカメラが手元に!

今日は思った以上に暖かな晴れの日になりましたね・・・

今、私の手元にはローライフレックス(ROLLEFLEX)のカメラSL2000Fが有ります!
  s-P9290073.jpg
📷 Planar f 1.4  50mm付き35mmアイレベル&ウエストレベル1眼レフ
内蔵式高速モータードライブ フイルムカメラ 1983年当時の価格¥348000

元々このカメラは、嘗て勤務していた会社の尊敬する大先輩のモノでした・・・
それが、突然その先輩が逝去されてしまい、形見として奥様から託されたものです。
実はこのカメラが発売された1983年のある日、先輩が新しいカメラが入ったとい
うのでカメラ店に一緒に行って、先輩が購入した時のカメラなのでした・・・・
その時の先輩はとても嬉しそうにカメラの話をされていたことを覚えています!
そして30数年たった今でも、新品同様に手入れされて大切に使われていたようです。
そのカメラを託された時は、当時の事が思い出されて感慨無量でした・・
先輩が大事にされていたカメラを手にした時とても嬉しかったです。
  s-PC030015.jpg
  s-PC030013.jpg
📷 1983年に刊行された「カメラレビュー」に特集記事が載っていたので
      古本屋から早速買い求めました。
  s-PC030016.jpg
  s-P9290071.jpg
📷 ハッセルのカメラと同じように本体+フイルムマガジン+バッテリーパック
      とに分解されます。
  s-P9290072.jpg
  s-P9290074.jpg
📷 外観はこんな感じです・・・ボディの上にはウエストレベルファインダー!
  s-PC030017.jpg
  s-PC030018.jpg
📷 持った感じはこんな具合です、ずっしりとした重さで質の良さが解ります。
  s-PC030007.jpg
  s-PC030008.jpg
  s-PC030009.jpg
📷 内部に露出計が有るのですがちょっと見にくいので後付けでVCメーターを!
     VCメーターはフォクトレンダーのもので小型ながら正確なメーターなのです。

最近はフイルムも売っている店が少ないのですが、大型カメラ量販店で購入可能です。
昨日フイルムを購入してきて、カメラに装着したので大切に扱いながら写真を撮って
見ようと思っています・・
なんか先輩に見ていられるような気がして緊張しますが、それもまた楽しいです!



posted by LYNX☆ at 20:52| 宮城 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白いカメラですね。
ちょうど私がドイツに駐在していたころに販売されていました。
すでにオートフォーカスカメラが増えて来ていた(あのα7000が1985年2月発売)ころのカメラですから、ワタシ的にはクラシックとかビンテージと呼ぶには新しすぎる印象があります。
一般にウェストレベルで使うカメラは、ローライの二眼レフでも、ハッセルブラッドにしても6x6cmという正方形フォーマットだから、縦位置撮影を考慮しなくて良いからこそ成り立つ形なんですね。

この製品は台頭する日本製の一眼レフに対抗してニッチな市場を狙ったカメラだと思いますが、35x24oのフィルムを用いるために、縦位置撮影を考慮せざるを得なくなり、デュアルファインダー方式になったものでしょう。もちろん望遠レンズを使うときに、より正確にピントを合わせる意味もあるでしょうが。

でも考えてみると、ひょっとしてRobot24のような24x24oのスクエアフォーマットでも使用可能なのかしら。
Posted by 風写 at 2016年12月11日 07:23
☆風写さんへ
コメントありがとう!
使い勝手が慣れるまで時間がかかりますね・・
デジカメで楽しているせいか、久し振りに面白いです!
数枚撮ってみているのですが、出来上がりがどうか楽しみです。
Posted by LYNX☆ at 2016年12月11日 09:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]