2014年02月03日

レアな国鉄時代の携帯信号灯

晴れ節分の今日、穏やかな朝でした・・・・

Garageを整理していたら、義父が国鉄時代に使用していたらしい、レアな物が
出てきました・・・
  s-007.jpg
カメラ これがそうです・・・取っ手を上にして手に持ち電源スイッチを「点」で点灯
  s-016.jpg
カメラ 単一乾電池2本で使える、携帯の信号灯でした・・・・赤色で止まれですね。
  s-006.jpg
カメラ 青色で進めです・・・
  s-003.jpg
カメラ 白色は単なる照明で、右上の赤色灯は「非常」の信号です。
  s-004.jpg
カメラ この状態で「非常停止」だと思われます。
  s-011.jpg
カメラ ブリキ製で、左右に電池が1本づつ入ります。
  s-012.jpg
カメラ 天盤に付いているレバーを操作して,青⇔白⇔赤と切り替え、主燈と非常燈
    それぞれにスイッチが有ります。
  s-009.jpg
カメラ 横には「103仙車」と有りますので、仙台車両区と言うことでしょうね。

  SL(蒸気機関車)の機関手だった義父が、オークションで買ったらしい(笑)

《Garage Cafe》
今日のお客はRamuneさんでした・・・


posted by LYNX☆ at 10:59| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こりゃあ、レアもんだー!
龍星が食いつくぞー!(^◇^;)
Posted by あっこ@長女 at 2014年02月03日 13:48
☆あっこへ
そう思って、アップしてみた(笑)
楽しみ楽しみ・・・・
Posted by LYNX☆ at 2014年02月03日 14:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック